第39回九都県市合同防災訓練千葉会場に参加

  • 実施日:平成30年9月2日(日)
  • 会場: 千葉市立轟中学校
  • 参加者: 防災部会員 17社30名 
  • 使用機材:ユニック1台、4tダンプ1台、3tダンプ1台、大型パワーショベル1台、コンバインドローラー1台、小型パワーショベル1台(展示ブース用)

【道路啓開・交通路確保訓練】
瓦礫や液状化により泥でふさがれた道路を、パワーショベルとダンプを使用して撤去作業を行った後、黒いシートを舗装に見立て、ローラーをかけて通路の確保を行う訓練を実施しました。

【展示・体験コーナー】
テントを使用したブースを設け、災害や除雪時の会員の活動をパネル写真で展示しました。機械体験では、小型のパワーショベルに子供たちが乗車し、簡単な操作により、ミニプールに浮かべたスーパーボール等をすくう体験を行いました。
今年も協会独自の活動として、重機を使用した実地訓練と、展示ブースによる市民への広報を目的とした活動を行いました。
途中、雨に降られましたが、パワーショベルによるおもちゃすくいは、子供たちに大人気で、協会員より機械の操作方法を聞きながら、真剣に操作する姿を親御さんたちが記念撮影する光景は、とてもほほえましく感じました。

IMGP0116 IMGP0183
IMGP0150 IMGP0142
IMGP0133 IMGP0129
IMGP0125 IMGP0112

新着情報・ボランティア活動

会員サイトはこちら